FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

盛り沢山の一日

  • 2018/01/30(火) 18:31:36

今日は仕事を休みました。理由は通院。
それも皮膚筋炎の方じゃなくて、甲状腺。

寒波がきつくなった21日の夕方、
ノドに異様な痛みを感じ、ノド元のあたりを触ると、
かなり大きなふくらみが。
でも、ノドの内側で炎症が起きているわけではなく、
皮膚のすぐ下が痛い。ノドが圧迫されて、
食事もする気になれない。

以前から、甲状腺にのう胞という水袋みたいなものが出来ている、
こう言われて、半年に一度、検査をしているのですが、
どうやら、そいつがパンパンに膨れてきたようです。

月曜日、出勤もせずに日赤に飛び込み、乳腺外科を受診。
主治医の外来担当は、火曜日だけれど、そんなこと、
どうでもいい。他のドクターでいいから診て!
こんな気持ちでいたのですが、運良く、主治医が在院。
とりあえず、主治医の外来担当である、次の火曜日まで、
様子見…という事になり、私は、フェイスブックに主治医の
胸毛のことを書いて、鬱憤ばらしをしたのですが、

いよいよ、受診日の今日。本来なら、半日だけ有休にすれば
OKなんですが、1日の休みにしました。

アサイチ受診で、診察室に入り、ベッドに寝て触診、
だったのですが、ドクター、なぜかベッドの上を気にしている。
そして、看護師さんに「コロコロ持ってきてください」
ベッドの真上がエアコンで、そこから落ちてくる埃が
気になったようです。そして、御自身で、コロコロ。

ドクター、いい人だなぁ。
胸毛のこと、笑い話にして御免なさい。

そして、触診始めて2分ぐらいで、
「水がかなり溜まってます。抜きましょう。」

抜いてもまた溜まるから、と言って、水抜きに否定的だった
前回とは、えらい違い。
5分もしないうちに消毒して、針さして、水抜き完了。
40ccも溜まっていたのです。
来週も様子を診る、ということなので、
気がつけば、3週連続で日赤へ。

本来なら、これで、本日の病院は終わり、なのですが、
今日は、いつもの神経内科を予約外受診することに。

今年の寒波で体調を崩された方も多いと思いますが、
ステロイド減量中の私も、寒さで血圧が上がっているせいか、
頭痛と筋肉痛、肩コリがなぜか右半身に集中。
神経内科での主治医であるX先生の外来担当日は、
明日の水曜日なんですが、こちらも、それを待っていられない。

何度か飛び込みでお世話になっているS先生に診て頂けました。
持参した血圧手帳や、最近の症状を話すと、
「頭のCT撮ってみますか。」
さすがベテラン、よくわかってらっしゃる。
で、CTを撮った結果はと言うと、
血管が切れたり、梗塞をおこしている、といった症状は見当たらない。

でも、右後頭部、私が何かあるんじゃないかなぁ、と思っている辺りに、
「水のようなものが溜まっているみたい」

え、また、水溜まっている?
どんだけ、水ぶくれなの私。
乳腺外科のNドクターも、「水だけでした、血がなくて良かった。」

朝8時半からの病院滞在。終わったのは1時15分前。

病院の中央ホールには、院内で行う献血のポスター。
献血してね

玄関の回転ドアには、インフルエンザ防止のため、
面会原則禁止の貼り紙。

面会ダメ

病院もかなり、非常事態みたいです。

日赤から、ウチの近くまで、バス一本で帰られるのですが、
おなかぺこぺこの私は途中下車。
目的はこれ。
給食ポスター

実は、日曜日にも一度行ったのですが、混雑がひどくあきらめたのです。

気になるメニューは、カルビーのポテチにもなった、
キムタクごはん、と、具沢山味噌汁、鶏肉のマーマレード焼き。

さぁ、食べるぞ。

給食メニュー1
給食メニュー2
給食メニュー3
給食メニュー4

懐かしいソフトめん、山賊焼き、きり干し大根のあえもの…
今の給食って、こんなに美味しいんだ。

きな粉とシナモンの揚げパン、牛乳、イチゴ味のミルメークは、こっそりバッグへ。
学校休んだ時は、友だちが宿題のプリントと一緒に持って来てくれたもんね。

ロビーには、給食今昔の写真が。
私が入学したのは昭和41年だけれど、食器は昭和27年の写真と一緒でした。
それにしても、今の給食、家庭の食事よりいい、と言われるのも納得。
給食今昔1
給食今昔2
給食今昔3







スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。