FC2ブログ

スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気がつけば月2回

  • 2017/02/22(水) 16:12:26

先日、健康保険組合から医療費の明細が来ました。

特定医療費の適用をうけているから、今はなんとかやっていられるけれど、
来年からはどうなるのかな。
病気は難病だけど、軽症者の扱いになるのが濃厚。

と、いうことが理由になっているのでは無いのですが、
年が明けてから、気がつけば、月2回のペースで、
日赤へ通っています。


1回は、皮膚筋炎の経過観察。

もう1回は、消化器、甲状腺など、ガンになりやすいところの検査。
皮膚筋炎罹患者は、ガンになった場合の致死率が、普通の人の5倍近いそうで。

そう言えば、入院して、筑波大病院に転院するまでの2週間、
全身検査しまくりだったな。

再びの検査モードは、昨年8月の肺のCT検査から始まりました。

で、肺はなんとも無かったのですが、甲状腺がひっかかり、
超音波検査と検体検査。

結果はのう胞ということで、半年毎の超音波検査になってしまいました。

で、2度目の検査が年末の27日。

年明けて1月4日の外来では、血液検査で貧血がひどいと
言われ、胃カメラを受けるように指示が。

そんでもって、人生2度目の胃カメラ。
これが1月2回目の受診。

この日は、このあと、いつもの神経内科の外来も。
採血はすでに今月分やっているのでなしだったけど。

主治医のX先生は、
「ついでに、下の消化器も診てもらったら。」

で、2月最初の受診は、胃カメラの結果を宣告されました。
結果は、ピロリくんということになり、ら・ら・ら 除菌くん生活スタート。
除菌くん

1週間の除菌生活、文字通りの”怪腸”状態。
初日なんぞ、会社のトイレに通う合間に仕事していました。

で、2月2度目は恒例の神経内科。
ここのところ、右腕と足が寝ているときに”つる”状態になる、と話したら、
いつもの薬に加えて、漢方まで処方されました。
ツムラ

薬袋には”発作が起きたら、服用”とあったのですが、即効性はあるのか?

部屋のカレンダーの脇には、通常外来以外の検査・検査前投薬の予定表。
同じ貼るなら遊びの予定表がいい。
よてい

2月の神経内科で、次の外来は、4月かと思っていたら…
X先生は3月にも予定を入れてしまった。
結果3月も大腸検査といつもの外来で日赤へ2度行く予定に。

4月はすでに、ピロリ除菌後の呼気検査が入っている。
来年2月にくる、医療費のリストがこわい…
大腸

写真左上は”除菌くん”1週間分、右上は大腸検査前日のお食事セット。
右下は、”除菌くん”の結果を診る、呼気検査1週間前から飲む薬。
     脇には呼気検査前日に使う下剤



スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。